タモギタケのMM農園専用掲示板

151773
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

タキシフォリンの抗酸化実験 - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/21 (Sat) 05:14:21

タキシフォリンがタンパク質の酸化を防ぐ実験があるのでご紹介します。
タキシフォリン溶液と蒸留水をそれぞれ牛肉の表面に塗布し、37℃の恒温槽に保管し、時間ごとの肉の色を観察しました。

*我が家の今日の花

糖化や酸化を防ぐにはどうしたらよいか - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/20 (Fri) 04:56:42

タキシフォリンは、非常に強力な抗酸化物質であり、糖化も防ぐ力があります。糖化や酸化の危険から血管を守り、再生を助ける強力な作用が期待できます。糖尿病の血管においても、合併症の予防や改善に関しても有効だと言えるでしょう。

*わが家の今日の花

糖化や酸化を防ぐにはどうしたらよいか - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/19 (Thu) 05:24:15

ビタミン類やファイトケミカルは、細胞の再生を促す有用な物質ばかりです。ということは抗酸化物質は、糖化した物質が自然に消滅するのを促す力もあるということになります。

*我が家の今日の花

糖化や酸化を防ぐにはどうしたらよいか - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/18 (Wed) 05:11:32

しかし酸化してしまった細胞や組織は、やはり抗酸化物質を投入することが有効です。抗酸化物質は進行する酸化にブレーキをかけられるので、炎症や傷害をストップさせることができ、その後の修復や回復を早めることができるからです。


*我が家の今日の花

糖化や酸化を防ぐにはどうしたらよいか - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/17 (Tue) 04:53:30

それでは糖化、酸化してしまった体内物質に対してはどうでしょう。除去することができるでしょうか。
まず糖化してしまったタンパク質ですが、現在のところ急いで除去できる薬や物質はありません。糖化タンパク質のことをAGEsと言いますが、非常に種類が多く、これを除去する効果として認められる物資はまだないようです。非常に時間がかかりますが、自然に代謝されるのを待つだけです。

*我が家の今日の花

糖化や酸化を防ぐにはどうしたらよいか - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/16 (Mon) 04:50:52

糖化や酸化を防ぐにはどうしたらよいのでしょう。
まず考えられるのは、GI値の低い食品を摂ることが大切で、ファイトケミカル等の抗酸化物質の豊富な食品を食べ、体内の抗酸化力を上げることが大切です。

*我が家の今日の花

酸化と糖化は影響し合って悪化のスパイラルを起こす - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/15 (Sun) 05:33:09

しかし逆に、血管内に自然発生した活性酸素が血管を傷つけ、血管壁がデコボコした状態だと血糖が血管壁に付着しやすくなり、糖化が進みやすいと言えます。つまりどちらが先に起こっても、もう一方が発生しやすくなり、組織や細胞の劣化、老化は進んでしまうわけです。糖化と酸化はコンビで悪化のスパイラルを生んでいるというのが実態です。

*我が家の今日の花

酸化と糖化は影響し合って悪化のスパイラルを起こす - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/14 (Sat) 05:19:15

糖化した細胞ではいわゆるAGEsが生成し、これ自体が接している細胞の劣化、そして老化を促進し、次々と蝕んでゆく不気味な行動をとることがわかってきました。
これまで酸化と考えられていた現象にへ、糖化も同時に進んでいると考えられる可能性が、強くなりつつあるのです。

*我が家の今日の花

酸化と糖化は影響し合って悪化のスパイラルを起こす - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/13 (Fri) 04:34:59

私たちの体にとって酸化にお取らず重要な問題であると言えるでしょう。
例えば糖尿病でいえば、血液成分や血管(のタンパク質)が高血糖によって変質し、硬くなって本来の機能が衰えてしまう、なかなか元に戻らない、というのが糖化です。

*我が家の今日の花

酸化と糖化は影響し合って悪化のスパイラルを起こす - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/12 (Thu) 04:11:00

最近では、老化によって皮膚に起こるシワも皮膚のタンパク質の糖化によることがわかってきて、人間の体の老化現象には糖化がきわめて重要な悪さをしていることが明らかになってきました。

*我が家の今日の花

酸化と糖化は影響し合って悪化のスパイラルを起こす - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/11 (Wed) 05:01:15

ただ直接的な害という点では「酸化」の方が問題だと言えそうです。例えば遺伝子を壊したり、炎症を起こしたり、細胞や組織を直接傷つけるのは活性酸素、つまり酸化の方です。一方、タンパク質を変質させて組織を劣化させ、機能不全を起こし治りにくくするのが糖化です。

*我が家の今日の花

酸化と糖化は影響し合って悪化のスパイラルを起こす - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/10 (Tue) 05:00:54

インターネットで調べると「酸化と糖化、どちらが悪いか」といった文面のサイトが見受けられます。しかし酸化と糖化を比較することは意味がありません。「酸化は物質がさびること。糖化は物質が焦げること」といった説明もよく見受けられますが、これもいくら呼んでも意味不明です。酸化も糖化も発生に順はなく、どちらみ問題ですし、影響しあった同時に進行するからです。

*我が家の今日の花

酸化と糖化は影響し合って悪化のスパイラルを起こす - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/09 (Mon) 06:38:19

活性酸素による我々の体に及ぼす酸化ストレスの問題は研究が進み、それを解消する抗酸化物質の活用についても広く知られるようになりました。
それでは第一章、第二章で紹介した糖化、つまり糖質がタンパク質を変質させてしまう問題と酸化は、どう関係するのでしょうか。

*我が家の今日の花

タキシフォリンは最強のファイトケミカル - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/08 (Sun) 04:59:54

タキシフォリンも、本書ではサプリメントとしても検証ですが、今後どのような研究がなされるか楽しみな物質でもあります。原産地が過酷な環境であるほど、抗酸化力は強力であると考えられ、未知の可能性を秘めています。
しかし既に糖尿病や血管疾患に関するデータはたくさんあり、いわゆるエビデンス(科学的証拠)は充分です。

*我が家の今日の花

タキシフォリンは最強のファイトケミカル - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/07 (Sat) 07:01:13

その効能も様々ですが、共通しているのが、抗酸化物質であること。特に活性酸素の有害性、酸化ストレスを消滅させる作用です。
これらの中には、前述のように既に抗がん剤などの医薬品として重用されている物質もあり、今後さらに研究が進むと考えられます。

*我が家の今日の花

タキシフォリンは最強のファイトケミカル - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/06 (Fri) 05:12:38

有名なものではタキシフォリンも含まれるフラボノイドを含むポリフェノール、人参やトマトの色素のカロテノイド系、にんにくやネギの辛味成分などのイオウ化合物系、樹木などの香り成分を含むテルペン類、きのこのグルカン類などがあります。

*我が家の今日の花

タキシフォリンは最強のファイトケミカル - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/05 (Thu) 06:01:45

それが有名なデナイザーズフーズ計画です。当時2000万ドルの予算が組まれ、数十種類の物質がリストアップされました。その結果、ファイトケミカルは数千種類から1万種があるといわれるほど発見され、研究されていますが、まだまだ研究途上で分類方法も様々です。

*我が家の今日の花

タキシフォリンは最強のファイトケミカル - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/04 (Wed) 05:56:18

しかし世界を見渡せば、そうした物質は多くの地域で民間薬として使われています。その経緯もあって、次第に注目されるようになってきました。
特に1990年代、アメリカ国立がん研究所によって、がん予防に有効な物質としてファイトケミカルの特定が行なわれました。

*我が家の今日の花

タキシフォリンは最強のファイトケミカル - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/03 (Tue) 05:46:25

ファイトケミカルは、主に植物に含まれる化学物質で、主に色素、香り、苦み、渋み、辛味、アクといったものの成分です。必須栄養素とは考えられず、現代科学、医学の見地からは、長い間何のために含まれているのか不明でした。

*我が家の今日の花

樹木は強力な抗酸化物質を作り出している - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/02 (Mon) 05:13:55

タキシフォリンも本国ロシアでは既に医薬品として、血管強化薬、血流改善薬として臨床現場で使われていますし、配合を変えたものは抗酸化作用の高いサプリメントとして高い人気を獲得しています。

*我が家の今日の花

樹木は強力な抗酸化物質を作り出している - 白木克之(MM農園広報)

2018/04/01 (Sun) 05:39:39

またイチョウ葉エキスは、樹木本体ではありませんが、ヨーロッパでは医薬品にもなっている有名なファイトケミカルです。成分はギンコライドといい、面白いことにフラボノイドとテルペン類の両方の働きを持っています。


*我が家の今日の花

樹木は強力な抗酸化物質を作り出している - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/31 (Sat) 04:15:37

第3章でも紹介した糖尿病薬SGLT2阻害薬はリンゴの木からとれるフロルジンが原料ですし、鎮痛剤のアスピリンは柳の木から、マラリアの特効薬キニーネはアンデス山脈のキナの木から採集されました。

*我が家の今日の花

樹木は強力な抗酸化物質を作り出している - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/30 (Fri) 06:35:32

少し例を挙げると、本書でタキシフォリンの原料であるカラマツと対比するために挙げたフランスの海岸松のピクノジュノールはつとに有名です。あるいはヨーロッパのセイヨウイチイからは、強力な抗がん剤タキソールになるパクリタキセルが採集されます。

*我が家の今日の花

樹木は強力な抗酸化物質を作り出している - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/29 (Thu) 06:16:13

特に樹木は、気候の変化や水分・栄養不足などに耐え何十年、あるいはそれ以上をかけて大きく成長します。その間、紫外線を浴び続けるため、強力な抗酸化物質を作り出します。
そうしたものは、これまでもサプリメントや医薬品になってきました。

*我が家の今日の花

樹木は強力な抗酸化物質を作り出している - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/28 (Wed) 06:36:20

植物は動物と違って移動することができません。厳しい暑さ、寒さに耐え、紫外線を浴び続けて生きています。いわば活性酸素の害にさらされながら生きているわけです。そのために、独自の抗酸化成分を作り出したのではないかと考えられています。

*我が家の今日の花

樹木は強力な抗酸化物質を作り出している - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/27 (Tue) 05:25:50

タキシフォリンは、樹齢数百年といわれるカラマツから抽出されたフラボノイドの一種です。このような植物由来の抗酸化物質をファイトケミカルといい、今世界的に注目され、研究されている物質です。

*我が家の今日の花

抗酸化酵素の減少を補う食べ物 - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/26 (Mon) 07:06:34

本章のはじめに紹介したように、極寒の地に暮らす人々は自然環境も食糧事情も、温暖な地意識とは比べものにならないほど厳しいものです。厳しい生活環境が及ぼす酸化ストレスに打ち勝って生きていくには、強い抗酸化物質の力が必要です。
タキシフォリンはシベリアの人々にとって、病気や環境に打ち勝って生きていくための重要な自然の生薬だったのでしょう。

*我が家の今日の花

抗酸化酵素の減少を補う食べ物 - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/25 (Sun) 05:31:27

本書で紹介しているシベリア産カラマツ由来のタキシフォリンは、ポリフェノール類である植物フラボノイドの一種です。樹木から抽出されたファイトケミカルは他にも色々ありますが、タキシフォリンの抗酸化力は強力で、現在最も高い評価を受けているフランス海岸松から採取されたピクジェノールやイチョウ葉エキス以上とされています。おそらく、これまで発見され研究されてきたファイトケミカルの中でもトップクラスです。

*我が家の今日の花

抗酸化酵素の減少を補う食べ物 - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/24 (Sat) 05:20:28

さらにお茶のカテキン、タンニン、ブドウのアントシアニン、赤ワインのレスベラトロール、蕎麦のルチン、大豆のイソフラボンなどは抗酸化剤として近年高く評価されています。
こうした食品から摂取できる抗酸化物質は、体内の抗酸化酵素が減少する中高年以降は特に意識して摂取したいものだと言えるでしょう。

*我が家の今日の花

抗酸化酵素の減少を補う食べ物 - 白木克之(MM農園広報)

2018/03/23 (Fri) 06:18:19

抗酸化ミネラルは、直接活性酸素を除去するだけではなく、抗酸化酵素であるSDDなどの補酵素として、あるいはタンパク質合成酵素を構成する成分として働きます。

*我が家の今日の花


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.