タモギタケのMM農園専用掲示板

171869
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

植物性食品は、腸内環境を整え、「幸せ物質」を作る - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/17 (Wed) 05:22:18

その「治癒力」の情報を私たちは植物性食品を通して得てきたと想像できるわけですから、食生活も植物を中心にしたほうが自然に逆らわないのです。
「灯台下暗し」とはよくいったもので、日本人は本来、植物中心の食事を取り入れており、それが当たり前だったので、当たり前のよさに気づかず、忘れがちになっていました。

植物性食品は、腸内環境を整え、「幸せ物質」を作る - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/16 (Tue) 04:44:29

生物学的にいうと、生物の個体には遺伝情報がすべて含まれています。
一方で、生物は環境からさまざまな影響を受け、ときには損傷を被り、その修復を繰り返します。そに仮定で生物は自らの遺伝子の中に、あらゆる損傷に対抗する「治癒力」の報復を蓄積してきました。

植物性食品は、腸内環境を整え、「幸せ物質」を作る - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/15 (Mon) 05:30:41

一方で新疆ウイグルの中で比較的、短命者が多かったのは、多くが牧畜生活を営んでいるカザフ族だったのです。
両者の食生活を調べたところ、ウイグル属は菜食を中心とし、カザフ族は毎食のようにヤギのミルクにお茶を入れ、それに塩を加えて飲んでいました。

植物性食品は、腸内環境を整え、「幸せ物質」を作る - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/14 (Sun) 04:46:03

装飾と肉食に関しては、もう一つ注目される研究結果が出ています。それは日本大学の小沢友紀教授らが中国北西部の新疆ウイグル自治区で行った調査です。
新疆ウイグル地区に住む民族は13を数え、その中で農耕生活を中心にしているウイグル族は、ロシアのカフカス地方の人々と肩を並べるくらい長寿で知られています。

植物性食品は、腸内環境を整え、「幸せ物質」を作る - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/13 (Sat) 04:10:14

私は特にベジタリアン的な食生活を支持していないし、動物性たんぱく質を摂取することの重要性も認めていますが、「人類はごく最近まで、もっぱら植物を食べていたのではないか」という島田先生の言葉には考えさせられます。

植物性食品は、腸内環境を整え、「幸せ物質」を作る - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/12 (Fri) 04:44:57

人体は植物を食べるようにできている、という説があります。
宮崎大学の故・島田彰夫名誉教授は、「消化酵素を調べるとヒトの職制は植物食である」「ヒトはサルから進化したが、その進化をみても、どうしてもヒトは植物食になる」と述べています。

ビフィズス菌を増やす、オリゴ糖の摂り方レシピ - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/11 (Thu) 04:18:35

*アスパラガスと鶏胸肉の梅ごまマヨネーズ
【材料】
アスパラガス・鶏の胸肉・白ごま・梅干
【作り方】
アスパラガスは軽く焼き、胸肉をサッとゆがいておく。白ごま、梅干の肉をすりばちですり、これに少量のマヨネーズを混ぜ合わせたドレッシングをかけてあえる。

ビフィズス菌を増やす、オリゴ糖の摂り方レシピ - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/10 (Wed) 05:25:10

*にんのくのスタミナ納豆
【材料】
おろしにんにく・納豆・卵黄・なめこ・だいこんおろし・青のり・しょう油
【作り方】
納豆に卵黄、なめこ、だいこんおろし、青のり、おろしにんにく、しょう油を少々入れ、よくかき混ぜる。

ビフィズス菌を増やす、オリゴ糖の摂り方レシピ - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/09 (Tue) 04:24:07

*ごぼうとむしエビのごまマヨネーズ和え
【材料】
ごぼう・エビ・ごま・マヨネーズ
【作り方】
エビのからをむいて茹で、すりこぎで叩いて平らにする。一匹を2~3切れに手でむしってわけておく。ごぼうは長さ4~5センチの棒状に切って茹でる。このエビとごぼうにごまとマヨネーズを混ぜ合わせて、サラダにする。

ビフィズス菌を増やす、オリゴ糖の摂り方レシピ - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/08 (Mon) 04:44:43

*大豆の変わり納豆
【材料】
大豆・にんじん・ごぼう・だいこん
【作り方】
水煮した大豆をにんじん、ごぼう、だいこん、といっしょに、こんぶのだし汁でコトコトじっくり煮て食す。

旬の食材は腸内細菌を活性化させる - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/06 (Sat) 04:16:34

また、昔からわが国では”旬のもの”を楽しむ食習慣がありましたが、季節ごとの自然の恵みは、知らず知らずのうちに、日本人の健康・長寿に大きな貢献をもたらしてきたと考えられます。
そして、それらの食材は腸内細菌を活性化することで、セロトニン、ドーパミンという「幸せ物質」もたくさん脳に送り出していたのです。

旬の食材は腸内細菌を活性化させる - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/05 (Fri) 04:56:24

こうして見ると、④のハーブやかんきつ類を除くと、すべての成分が伝統的な日本食に含まれていることがわかります。
④に関しても、細密なデータはありませんが、日本食の食材にも大場や春菊などの香草や、柚子、橙などのかんきる類があります。

旬の食材は腸内細菌を活性化させる - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/04 (Thu) 03:27:32

野菜類やマメ類がなぜ、がんの抑制に効果を発揮しているのか、当然さまざまな研究が行われたのですが、注目されたのは植物性食品に「ファイトケミカル」には次のような成分が含まれています。
①植物の葉、花、茎などに含まれるポリフェノールという色素成分。
②緑黄色野菜や海草などに含まれるカロテノイドという色素成分
③ねぎ類の香りや苦み成分に含まれるテルペン類
④ハーブやかんきつ類の香りや苦み成分に含まれるテルペン類
⑤キノコ類に含まれる不消化多糖類のβーグルカン

旬の食材は腸内細菌を活性化させる - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/03 (Wed) 05:11:33

しかも驚くことに、アメリカ人と日本人の一人当たりの野菜の摂取量は1995年からアメリカが上回り、この年のがんの死亡率も日米で逆転しました。
いまではアメリカ人は日本人の約1.2倍の野菜を食べ、がんの死亡率もアメリカ人が日本人よりも低くなっているのです。

旬の食材は腸内細菌を活性化させる - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/02 (Tue) 04:57:47

当初は、肉好き、ファストフード好きのアメリカ人では、この運動はしょせん“絵に描いた餅”で終わるのではないか、と冷ややかに見られていたのですが、そんな疑問をアメリカ国民は一蹴してみせました。運動開始後、3年ほどくらいから明家に野菜、果物、マメ類の摂取が増加し、その成果としてがんの発症率と、がんによる死亡率が目に見えて減少してきたのです。

旬の食材は腸内細菌を活性化させる - 白木克之(MM農園広報)

2019/07/01 (Mon) 05:29:55

少なくとも、最近はまったく状況が変わっているのです。
アメリカでは1991年から「毎日5皿以上の野菜と果物を摂れば、がん、心臓病、高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクが低減できる」という「5A DAY」運動が官民一体で始まりました。

旬の食材は腸内細菌を活性化させる - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/30 (Sun) 05:36:50

一方で、伝統的日本食のような「ヘルシー食」と対極に位置するのが、アメリカ人の食生活、というイメージがあります。毎日のようにステーキを食べ、ハンバーガーやフライドチキンなどのファーストフードはおやつ代わり。野菜嫌いで、食後にはバタークリームたっぷりのスイーツも食べる、と想像しがちなのですが、じつはそれは「間違ったイメージ」といわざるをえません。

旬の食材は腸内細菌を活性化させる - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/29 (Sat) 04:13:15

野菜類、イモ累、マメ類を中心としたメニューが「幸せ物質」を増やすわけですが、これらの食品は、日本人がごくふつうの食生活で摂っていました。あえて「野菜、イモ、マメを食べましょう」と号令をかけなくても、みんな食べていたのです。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/28 (Fri) 05:03:03

ビフィズス菌を増やすオリゴ糖の摂り方レシピの一例をまた後ほど紹介しますので、参考にしてみてください。
また、食物繊維を豊富に含むイモ類は、腸内細菌の餌になるだけではなくて、腸内の悪玉菌などを便として排出するのに効果を発揮することは前に述べたとおりです。
ぜひ、これらの食品を意識的に食べることによって乳酸菌やビフィズス菌が棲みやすい腸にし、セロトニンやドーパミンの発達を促しましょう。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/27 (Thu) 04:25:21

腸内環境を向上させ、セロトニン、ドーパミンなどの「幸せ物質」を増やすには、前で述べたように腸内細菌の大好物であるオリゴ糖を摂取することが早道です。
オリゴ糖を多く含む食品は、大豆、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、アスパラガスなどの野菜類で、これらを積極的に食べることが「幸せ物質」の増加につながります。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/26 (Wed) 04:38:35

それとは対照的に現代は、「ムカつく」「キレる」と怒りを表す新語が氾濫しているように、私たちの生活は小さなことにイライラし、怒ることが少なくありません。
穏やかな表情を浮かべることの多かった祖父母世代とは好対照的なのですが、その原因は本来あるべき腸内の「幸せ物質」が少ないからではないでしょうか。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/25 (Tue) 05:27:28

便の量が多ければ、吸着して排出してくれる有害物質も多いことになります。それによって腸内は悪玉菌が減少し、ビフィズス菌などの善玉菌が増えます。当然、セロトニン、ドーパミンといった「幸せ物質」も増えるのですから、祖父母世代の表情が柔和で幸せそうだったことに納得がいきます。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/24 (Mon) 05:23:02

豊富な腸内細菌が作り出す「幸せ物質」によって日々健康な暮らしを続けることができ、その結果として長寿を実現させることができたのです。
日本の伝統食を食べ続けることによって、私たちの世代は理想的ともいえる腸内フローラを形成していました。それを何よりも物語っているのが便の量の多さで、戦前、戦中の世代の人の便の量は、現代の人よりも2、3倍ほどもあったのです。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/23 (Sun) 05:12:49

パソコンやテレビゲームもない時代ですが、それでも人々は笑みを絶やさず、家族や友人、知人との会話を楽しみながら暮らしていたのです。小さなことでいさかいを起こさず、心穏やかな「幸せ感」に浸っていたのではないでしょうか。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/22 (Sat) 04:24:32

そんな祖父母の暮らしぶりを思い出してみると、なんとなく”のほほん”とした幸せに包まれて暮らしていたような気がしてなりません。今のように便利な電化製品はないわけですから、生活はず
っと不便だったと思います。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/21 (Fri) 04:56:39

一汁一菜という言葉がありますが、日々の献立はご飯と味噌汁、それに焼き魚とほうれん草のおひたし、漬物というようなメニューだったのではないでしょうか。総菜には納豆、豆腐、油揚げといった大豆食品も多く並んでいたはずです。

「伝統的な日本食」を摂る人たちは腸内細菌が豊富 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/20 (Thu) 05:57:50

考えてみると、私たちの祖父、祖母の世代はごく当たり前のように日本の伝統食を食べていました。もちろん、ハンバーガーなどのファストフードは存在せず、欧米化した食生活とは無縁でした。漬物以外では生野菜を食べる習慣もほとんどなかったと思われます。

腸内環境を整える日本の伝統食 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/19 (Wed) 03:28:46

日本でもヨーグルトを食べる習慣が増えているようですが、あえてヨーグルトを毎朝、食べる必要はありません。日本には世界に誇れる冠とした伝統食があるのですから、それを食べるように心がけばいいのです。そうすれば、おのずと長生きできるのですから、日本の伝統食は世界に冠たる「長寿食」といえるのです。

腸内環境を整える日本の伝統食 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/18 (Tue) 05:06:25

残念なことに、グルジアの人々のセロトニンやドーパミンの量を測定したデータはありませんが、世界中でもトップクラスの長寿を維持している人々の腸は、理想的な腸内フローラになっていることは間違いないでしょう。だからこそ、世界でも類を見ないほど、長年、健康で長寿な倉氏が続けられるのです。

腸内環境を整える日本の伝統食 - 白木克之(MM農園広報)

2019/06/17 (Mon) 05:37:06

たとえば、世界の中でも長寿圏として知られているカフカス地方に位置するグルジア共和国では、ほとんどの家庭で3食、乳酸菌によって作られた自家製のヨーグルトを食べています。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.