タモギタケのMM農園専用掲示板

149732
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

永久凍土に生きるシベリア産カラマツ。開発の歴史 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/20 (Tue) 05:57:55

植物フラボノイドといえば、フランスのボルドー大学名誉教授のジャック・マスカリエ博士によって1979年に発見されたフランス海岸松の樹皮成分ピクノジュールが有名です。この物質はその抗酸化勢力によって血管保護、美肌、疲労回復、若返りなどの効果があるとされ、世界的な人気を博しています。

*我が家の今日の花

永久凍土に生きるシベリア産カラマツ。開発の歴史 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/19 (Mon) 04:42:02

それから二十数年の間にタキシフォリンの薬効の分析が進み、臨床研究が重ねられ、のちにロシア連邦保険省はこの成分を医薬品として承認しました。また健康食品としても承認され、今日、医療現場や一般家庭で広く使われています。

*我が家の今日の花

永久凍土に生きるシベリア産カラマツ。開発の歴史 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/18 (Sun) 04:44:38

タキシフォリンは有効成分の約90%を占め、他にタキシフォリンの前躯体であるジヒドロケンフェノールとナリンゲニンなど6種類の前躯体物質が合わせて約10%。博士は高濃度のタキシフォリンの抽出に史上初めて成功しました。

*我が家の今日の花

永久凍土に生きるシベリア産カラマツ。開発の歴史 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/17 (Sat) 05:53:54

1960年代、ロシアの女性有機化学者ノンナ・A・チュカーフキナ博士は、民間療法として利用されていたこの木に注目し、薬効成分の研究に取り組みました。その生理活性を調べたところ、樹木の下の木質武、つまり硬い木の部分に非常に優れた抗酸化力がある成分を発見したのです。
その成分こと、本書で紹介しているタキシフォリン。ポリフェノール類の植物フラボノイドの一種です。

*我が家の今日の花

永久凍土に生きるシベリア産カラマツ。開発の歴史 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/16 (Fri) 08:38:42

シベリアのある地域では、この木の皮を剥ぎ、木の部分を削り、馬乳や魚粉と混ぜて煮出したスープを飲んでいました。病気を遠ざける栄養豊富な薬用植物として、人々に大切にされていました。

*我が家の今日の花

永久凍土に生きるシベリア産カラマツ。開発の歴史 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/15 (Thu) 06:56:43

タキシフォリンが発見されたのは、極北の地シベリアの永久凍土に生きる樹木からです。
その樹木はシベリア産カラマツ。マイナス67℃にも達する極寒の地で、数百年の寿命を持つ驚異の植物です。人々はこの木を「神の木」と呼んでいたようです。


*我が家の今日の花

薬の量を減らすために、ある患者さんが取り入れたこと - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/14 (Wed) 05:02:03

糖尿病、あるいは動脈硬化などの血管系の疾患に有効なものはたくさんありますが、中でも最近注目を浴びているファイトケミカルの一種であるタキシフォリンをご紹介します。
極寒のシベリア出何百年も生き続ける樹木がたくわえた抗酸化物質が、糖化し酸化した血管を清浄な状態に戻し、体調を回復させています。従来の治療がうまくいかない人のために、こうした自然由来の成分が突破口を開いてくれるかもしれません。

*我が家の今日の花

薬の量を減らすために、ある患者さんが取り入れたこと - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/13 (Tue) 06:06:19

それに医学の進歩で効果の高い薬が登場しても、それで薬の量が増えることに多くの人がうんざりしているのではないでしょうか。こんなに飲まなければならないのか、という量の薬を抱えた人が非常に多いものです。

*我が家の今日の花

薬の量を減らすために、ある患者さんが取り入れたこと - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/12 (Mon) 05:49:26

これまでしっかり薬を飲み、食事も運動もしても思わしくなかった病状が、サプリメントによって大きく改善することがあります。第6章に登場する田辺さんのように、タキシフォリンによって、糖尿病の症状がほとんど解消し、糖尿病の薬が何分の1かに減ったという人もいます。

*我が家の今日の花

薬の量を減らすために、ある患者さんが取り入れたこと - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/11 (Sun) 05:31:03

またライフスタイルは人それぞれなので、生活を全て治療のために変えることはできないものです。
こうした状況で多くの人々が試みているのが、漢方薬やサプリメントを取り入れる補完代替療法です。本書で第4章以降に紹介するタキシフォリンもそうですが、世界各地の民間業が、医薬品とは異なる特異な効果をもたらすことがあります。

*我が家の今日の花

薬の量を減らすために、ある患者さんが取り入れたこと - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/10 (Sat) 05:43:47

ただし同じ病気であっても病状は様々で、セオリー通りの治療が全ての人に同じ効果をもたらすとは限りません。糖尿病で同じ食事療法をし、同じ薬を飲んでいても、だんだん進行してインスリンが必要になる人もいれば、何年たっても血糖値が少し高いくらいの状態の人もいます。食事療法も運動療法も完璧な人が、合併症に悩まされていることもあります。

*我が家の今日の花

薬の量を減らすために、ある患者さんが取り入れたこと - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/09 (Fri) 05:38:33

糖尿病や動脈硬化、その先にある心疾患や脳梗塞などは、すべて血液と血管に問題が生じて起きる慢性病です。食事や運動、ストレスなど様々な要因が絡みあって、血液と血管は糖化し、活性酸素の発生によって酸化し、病的な状態になってきます。日々医学研究が進み、より効果的な治療薬、治療法も登場してきました。

*我が家の今日の花

薬局の帰りはビニール袋を両手に提げて - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/08 (Thu) 04:42:49

今はタキシフォリンを飲んでいるおかげで、病院の薬は2種類だけで、バッグに入る量になったそうですが、「あの量はさすがにうんざりだった」と笑っておられます。
医学の進歩によって、治療現場は複雑化し、治療がかえって難しくなるという側面があるのかもしれません。

*我が家の今日の花

薬局の帰りはビニール袋を両手に提げて - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/07 (Wed) 05:16:51

そのうちに薬の量や飲む時間を間違える人も多いようです。
糖尿病の患者さんは、処方される薬が多すぎるのです。第6章に登場する田辺さんは、一時は薬局の帰りといえば、薬を入れたビニール袋を両手に持っていたそうです。

*我が家の今日の花

薬局の帰りはビニール袋を両手に提げて - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/06 (Tue) 05:59:30

患者さんの中には、自分が処方された薬がどんな薬なのか知らないよいう人が意外に多いのです。特に年配の患者さんは、薬について疑問を感じたり調べたりするという習慣がなく、言われるがままに飲んでいることがあります。

*我が家の今日の花

薬局の帰りはビニール袋を両手に提げて - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/05 (Mon) 04:44:22

糖尿病の飲み薬はまず目的別に3種類、それぞれ異なる作用で6種類に分かれます。そしてその6種類に、製薬メーカーが何社も競って薬を作るので、結果的に何十種類にも及びます。
種類が多ければ患者さんの症状によって使い分けができていいいように感じますが、そうとばかりは言えないようです。

*我が家の今日の花

スマートで簡単になったインスリン注射。ただし低血糖に注意 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/04 (Sun) 05:20:18

患者さんは低血糖に備えてブドウ糖補給用に飴やチョコレートを持っていて、応急的に口にしてしのいでいますが、もしそういったものがなければ、気を失って倒れてしまいます。救急措置がとられなければ昏睡状態から市に至る可能性もあるのです。
これはインスリンに限らず、飲み薬でも同じです。
糖尿病の患者さんは、誰もが低血糖と隣り合わせにあります。この恐怖が、治療によってもたらされるものなのですから、糖尿病は本当に難しい病気だと言えます。

*我が家の今日の花

スマートで簡単になったインスリン注射。ただし低血糖に注意 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/03 (Sat) 05:32:58

インスリンを打ったのにきちんと食事がとれなかった。外出先で長時間、何も食べられなかった。そんな時、低血糖を起こす、あるいは起こしそうになることは珍しくないそうです。
冷や汗、めまい、目がますむ、イライラ、不安、脱力感などが次第にひどくなり、立っていられない、ろれつが回らないといった状態になります。

*我が家の今日の花

スマートで簡単になったインスリン注射。ただし低血糖に注意 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/02 (Fri) 05:32:51

また不足するインスリンを1剤で補うというシンプルな方法なので、たくさんの種類の薬を併用して飲み分ける経口薬より楽だという人も少なくありません。
ただ、いかに進歩し使いやすく効果の高くなったインスリンでも、低血糖のリスクがなくなったわけではありません。

*我が家の今日の花

スマートで簡単になったインスリン注射。ただし低血糖に注意 - 白木克之(MM農園広報)

2018/02/01 (Thu) 05:46:59

インスリン注射も日進月歩で、昔のように誰が見ても注射器という道具は使わなくなりました。今はカートリッジ式のペン型が主流で、スマートで痛みも少なく使いやすくなっています。


*我が家の今日の花

スマートで簡単になったインスリン注射。ただし低血糖に注意 - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/31 (Wed) 05:06:49

様々な経口糖尿病薬があり、以前に比べれば血糖コントロールがうまくいくようになりましたが、それでも多くの患者さんが、やがてインスリン注射を行うようになるようです。やはり一度衰えてしまった膵臓はもとには戻りません。薬物療法は血糖値をコントロールするものであって、膵臓を回復させるものではないからです。

*我が家の今日の花

新薬SGLT阻害薬は「尿糖」で「糖尿」を治す? - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/30 (Tue) 04:54:43

こうした樹木は、紫外線や厳しい気候から身を守るために、抗酸化力の高い物質を産出します。いわゆるファイトケミカルの一種であり、今、医薬品業界から注目を浴びています。SGLT2阻害薬もそうして生まれた医薬品というわけです。
ただし医薬品としてのSGLT2阻害薬は効き目はともかく、残念ながら副作用はゼロではなく、脱水や尿路感染症に要注意ということです。

*我が家の今日の花

新薬SGLT阻害薬は「尿糖」で「糖尿」を治す? - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/29 (Mon) 06:20:48

第4勝でも述べますが、キニーネはアンデス山脈の高地に自生するキナの木から、アスピリンは柳の樹皮から抽出されます。本書で紹介していおるタキシフォリンもカラマツから採取されます。

*我が家の今日の花

新薬SGLT阻害薬は「尿糖」で「糖尿」を治す? - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/28 (Sun) 04:46:45

フロジリンは当初、解熱剤、抗炎症薬、マラリアの薬として使われていました。というのもその味はとても苦く、マラリアの特効薬であるキニーネや鎮痛解熱剤のアスピリンに似ているからだといいます。

*我が家の今日の花

新薬SGLT阻害薬は「尿糖」で「糖尿」を治す? - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/27 (Sat) 04:58:40

糖尿病の患者さんの血液は、代謝されない糖がダブついています。その糖は血液成分や血管を糖化し、活性酸素を発生させて血管に炎症を起こす困った存在です。細胞が吸収できないのであれば、いっそ捨ててしまいたい糖です。腎臓でその糖を再吸収するという悪循環を断つわけです。
この薬の原料は、リンゴの木の根や樹液から取り出されたフロジリンという物質です。

*我が家の今日の花

新薬SGLT阻害薬は「尿糖」で「糖尿」を治す? - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/26 (Fri) 06:49:25

ご存じのように腎臓は血液をろ過し、不要な水分と老廃物を排泄する働きをしています。その過程で血液中の糖を再吸収するのですが、これを阻害して尿糖として排泄してしまおうというのがこの薬です。

*我が家の今日の花

新薬SGLT阻害薬は「尿糖」で「糖尿」を治す? - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/25 (Thu) 06:02:57

糖の再吸収を抑える薬で、今最も注目されているのはSGLT2阻害薬です。2014年に認可が下り、数種類の薬が販売され、臨床現場で使われるようになりました。大変ユニークな薬なのでご紹介してみます。
SGLT2阻害薬とは、なんと「尿糖を出して血糖値を下げる薬」です。

*我が家の今日の花

多彩な治療薬とその効能を理解する - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/24 (Wed) 05:21:54

インスリン抵抗性を改善する薬の代表格はぴ具穴緯度薬(BG薬)です。細胞でインスリンの感受性をよくして血糖コントロールを良好にします。乳酸アシドーシスという危険なショック症状を起こすことがあるので要注意です。
糖の再吸収を下げるのはα―グルコシダーゼ阻害薬(α―GI薬9です。糖の硝化を抑制し吸収を遅らせ、食後の高血糖を抑制します。肝障害や腸閉塞に注意が必要です。

*我が家の今日の花

多彩な治療薬とその効能を理解する - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/23 (Tue) 06:21:59

この治療薬の効き目は強力ですが、その分膵臓を無理やり働かせているため、インスリン分泌能が衰えるという欠点があります。分泌がなくなれば薬は無効です。他の薬を併用して血糖値をコントロールしなければなりません。また基本的には効き目が強いため、低血糖を起こしやすいのが注意点です。

*我が家の今日の花

多彩な治療薬とその効能を理解する - 白木克之(MM農園広報)

2018/01/22 (Mon) 04:45:02

人によってインスリン分泌能やインスリン抵抗性などが異なるので、第一選択薬はそれぞれですが、現在最も多く処方されているのが、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促すスルホニル尿素薬(SU薬)です。

*我が家の今日の花


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.